食べる

「安曇野林檎ナポリタン」12店舗で提供 4シーズン目、ご当地グルメとして定着

「安曇野林檎ナポリタン」チラシ

「安曇野林檎ナポリタン」チラシ

  • 0

  •  

 安曇野のご当地グルメとして開発された「安曇野林檎(りんご)ナポリタン」が現在、市内店舗を中心に提供されている。

 ソースに地元産のリンゴを使った同ナポリタン。具やトッピングにもリンゴを使ったり、チーズや薫製を入れたりと、各店舗が工夫を凝らす。「リンゴの品種や切り方もさまざま。各店の違いも楽しめる」と市商工観光部観光交流促進課の渡辺守さん。

[広告]

 提供するのは「cafe twinkle」(安曇野市穂高)、「カントリーキッチン順燻の家(じゅんくんち)」(穂高有明)、「Taverna LAPUTA」(同)、「ホテルアンビエント安曇野」(穂高牧)、「レストランアベ」(穂高)、「レストランラヴニール」(同)、「食事処(どころ)美里」(堀金烏川)、「ナポリピッツアTASUKU」(同)、「小柴屋」(豊科)、「レストランハローズ」(同)、「珈琲(コーヒー)哲学あづみ野店」(同)、「同松本店」(松本市村井町西)。

 2011年に同市が取り組んだ「安曇野B級ご当地グルメ開発事業」をきっかけに、安曇野調理師会、松本大学矢内研究室、安曇野市商工会飲食分科会などが共同開発して生まれた同ナポリタン。取り組みは4シーズン目となり、参加店舗は当初の5店舗から12店舗に増えた。「リンゴの時期に定着しつつある」と渡辺さん。「期間限定で年末まで提供するところもあれば、3月ごろまで楽しめるところもある。1つだけではなく、各店の味を食べ歩いてもらえれば」とも。

 価格は650円~。提供期間は店舗によって異なる。問い合わせは同課(TEL 0263-71-2053)まで。

  • はてなブックマークに追加