見る・遊ぶ 買う

松本で陶芸家・山田洋次さん個展 黄釉の器とスリップウエア、300点超

スリップウエアと黄釉の器が並ぶ

スリップウエアと黄釉の器が並ぶ

  • 0

  •  

 松本のギャラリー「ギャルリ灰月(かいげつ)」(松本市中央2、TEL 0263-38-0022)で現在、陶芸家・山田洋次さんによる個展「山田洋次展~スリップウエアと黄釉(おうゆう)の器~」が開催されている。

 カップや皿、鉢などさまざまな種類の器、300点以上を展示する。黄釉を用いた作品は、温かみのある色合いで、ボウルやピッチャー、片口なども用意。スリップウエアは、勢いのある線が描かれているものや、細かい模様が描かれているものなど、バリエーション豊かに展開する。

[広告]

 山田さんは滋賀県東近江市生まれ。信楽窯業試験場を経て、2007年に渡英し、ソーダ釉を学んだ。翌年に帰国し、現在は信楽で作陶活動を行っている。スリップウエアに取り組み始めたのは帰国後で、独学で試行錯誤を重ねてきた。「この1年くらいは、イギリスの古いスリップウエアに近づけたいと思いながら作っている」と山田さん。「コントロールしようと思い過ぎるとうまくいかないこともあるし、勢いがないと動きが出ない。難しいところもあるが、泥が重なっていく様子がきれいで面白い」と話す。

 大きいサイズの器はオーブン・レンジの使用も可能。「山田さんの器は和洋中問わず、どんな料理でも合うと思う」と同ギャラリーの滝澤充恵さん。フードユニット「つむぎや」の金子健一さんを招き、山田さんの器で料理を楽しむ食事会も企画する。「これからの季節に活躍してくれるはず。実際に使ってみて、その良さを感じてもらえれば」

 作品は全て販売する。価格は、カップ=1,620円~、マグカップ=3,888円~、丸皿=5,400円~、長角鉢=8,100円~など。営業時間は11時~18時(金曜・土曜は19時まで)。水曜定休。10月30日まで。食事会は22日・23日の11時30分~、14時~(各回1時間30分程度)。参加費は2,500円。予約・問い合わせは同店まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home