食べる 暮らす・働く

松本・中町に「松本ブルワリー」直営店 クラフトビール3種、グッズも展開

1階は立ち飲み、2階はテーブル席。「平日の昼間、2階でビールを飲みながらのんびり読書という方もいる」

1階は立ち飲み、2階はテーブル席。「平日の昼間、2階でビールを飲みながらのんびり読書という方もいる」

  •  
  •  

 松本・中町に4月29日、クラフトビール会社「松本ブルワリー」の直営店「松本ブルワリー タップルーム」(松本市中央3、TEL 0263-31-0081)がオープンした。

オリジナルグッズも人気

 店舗面積は1階と2階合わせて約10坪。1階は立ち飲みスペース、2階はテーブル12席を用意する。

[広告]

 クラフトビールは3種類。ビール本来の麦の風味を楽しめる「マツモト・トラディショナルビター」、酸味があり爽快な口当たりの「マツモト・スマート ウィート」、フルーティーな香りの「マツモト・オーサム!ペールエール」を、ハーフパイント=600円、USパイント=900円で提供する。6月末~7月上旬ごろには2種類追加する予定。グラスやTシャツなどオリジナルグッズも販売する。

 市内初のクラフトビール製造会社として、今年1月に設立した同社。「松本ならではのおいしいビールをつくろう」と、「ビアフェス信州クラフトビールフェスティバルin松本」の実行委員らが中心となって立ち上げた。現在は、造り方を自社開発した上で、県内外の醸造所に委託して製造しているが、来年以降は自社で製造できるように、ホップ栽培をしている県内の農場を視察するなど準備を進めている。

 市内の飲食店8軒でも、生とボトルで提供を開始。「予想以上に好評で、品薄になってきている。引き合いも多くてありがたい限り」と同社の林幸一社長。「応援や励ましの声もたくさん頂いている。期待に応えられるようにしていきたい」と話す。

 営業時間は13時~19時。月曜・火曜定休。

  • はてなブックマークに追加