天気予報

23

12

みん経トピックス

松本にナポリピザ専門店松本シネマセレクトアワード

松本に初のクラフトビール会社「松本ブルワリー」 町中での醸造目指す

松本に初のクラフトビール会社「松本ブルワリー」 町中での醸造目指す

6つのタップを備えたトレイラーも完成。「イベントなどでPRしていく」と林社長

写真を拡大 地図を拡大

 松本市の飲食店経営者らが1月12日、クラフトビールの醸造を手掛ける新会社「松本ブルワリー」を設立した。

6つのタップを備えたトレイラー

 良質な水を生かし、地元ならではのクラフトビール造りを目指す。市内中心部に本社を構え、今後は県内の醸造所で経験を積んだベテランのビール職人を中心にして造り方を検討。県内外の醸造所に委託し、夏には販売開始を予定する。来年以降は、自社で醸造できるように準備を進める。

 2014年からスタートした「ビアフェス信州クラフトビールフェスティバルin松本」の実行委員らが中心となり設立。2014年は約1万6000人、昨年は約2万人が訪れた同フェス。県内には10を超える醸造所があるが、松本市内にはなく、来場者からは「松本のビールが飲みたい」という声が多く寄せられたという。

 同実行委員会・企画運営で、市内でバーや飲食店を経営する林幸一さんが社長に就任。「コンセプトは『取りあえず』じゃない、『とっておき』のビール。松本ならではのおいしいビールをつくりたい」。ペールエール、スタウトなどのほか、リンゴなどを使ったフルーツビールなど10種類以上の醸造を目指す。

 原料の麦やホップ、果物などは地元産を使い、ビールの搾りかすは飼料にして農業振興に貢献するなど、「地元の人に喜んでもらえるような、地元が潤うような商品をつくりたい」と林さん。地元飲食店での販売や、土産物への展開、醸造所の見学など、食文化として根付かせ、観光面での地域貢献も視野に入れる。

 年明けに設立を発表してから反響も良く、期待の大きさを感じているという。「私たちとしても、皆さんに味わってもらうのが今から楽しみ。松本から、世界に通用するクラフトビールを生み出したい」と意気込む。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

5月28日・29日、「クラフトフェアまつもと2016」開催。芝生の広場で行われたワークショップでは大勢の子どもたちが楽しむ姿も
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング