見る・遊ぶ 買う

松本で「夏のアクセサリー」展 ビンテージパーツ、天然石使い250点

さまざまなアクセサリーが並ぶギャラリー内。壁にもディスプレーが

さまざまなアクセサリーが並ぶギャラリー内。壁にもディスプレーが

  •  
  •  

 松本のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、アクセサリーデザイナー・小松美穂さんの個展「夏のアクセサリー展」が開かれている。

夏らしい雰囲気のアクセサリー

 「accessory imo(アクセサリー イモ)」の名前でアクセサリーを制作する小松さん。昨年に続き5回目となる同展では、ピアスやイヤリング、ブレスレット、ネックレスなど約250点を展示。サファイアやサンゴなどの天然石やパール、ビンテージパーツを使ったさまざまなアクセサリーが並ぶ。

[広告]

 「Tシャツや白いシャツ、リネンのワンピースなど夏のシンプルなファッションに合わせやすいものを意識した」と小松さん。ブレスレットは手首のアクセントとなるよう華やかな雰囲気に、ネックレスは襟元にきれいに映える長さにと細やかな工夫を施す。使用するパーツは、落ち着いた色合いのものが中心。「夏の日差しにキラキラ輝く、大人に似合う深い夏色のものを取り入れた。汗でアレルギーが出やすい季節なので、チタンや14金などを使ったものが多い」

 ダイヤモンドの小粒ビーズのネックレスやピアスなどの新作や、ビンテージの布やレースを使った缶バッジなども。「いつも見に来ていただいた方に、新鮮に感じてもらえるように」と、デザインは毎回新しいものになるよう心掛けているという。

 ビンテージのボタンやゴールドチェーン、天然石などを入れたパーツセットも用意する。「毎回人気のかなりお得なセット。アクセサリーと一緒に買い求める人も多い」と同ギャラリーの熊谷幸枝さん。「大人っぽく上品な感じのアクセサリーなので、取り入れやすいと思う。ぜひお気に入りを見つけてほしい」とも。

 価格は、パーツセット=600円~、缶バッジ=1,000円~、ピアス=2,000円~、ネックレス=2,800円~など。営業時間は11時~20時。火曜と第1・第3月曜定休(7月20は営業、22日は休業)。7月27日まで。

  • はてなブックマークに追加