買う

松本でジャム職人×キャンドル作家がコラボ企画-88歩の「ご近所」同士で

キャンドル(写真上)は「chez momo」で、コンフィチュールは「TOCA by lifart...」で販売

キャンドル(写真上)は「chez momo」で、コンフィチュールは「TOCA by lifart...」で販売

  •  
  •  

 松本・縄手通りの雑貨店「TOCA by lifart...(トーカ バイ リファート)」(松本市大手4、TEL 0263-87-8942)と同通り近くのジャム専門店「chez momo(シェモモ)」(同、TEL 0263-32-2968)で現在、コラボイベント「88 STEPS PACHIPACHI BOTTLE」が行われている。

9日のトークイベントの様子

 「TOCA」の店主でキャンドル作家の西牧隆行さんと、「chez momo」を営む蒔田友之さんが、それぞれにリクエストしたオリジナルフレーバーでキャンドルとコンフィチュールを制作。イベントのロゴなどは「TOCA」のイラストレーター・古荘風穂さんが手掛けた。

[広告]

 キャンドルは、アップルをベースに、シナモン、シトラス、ヘーゼルナッツの香り。「お菓子っぽい感じにしたかった。最初はシトラスの爽やかさを感じるが、時間がたつと甘い香りが広がる」(蒔田さん)。コンフィチュールはレモンとウイスキーのマーマレード。パンに塗るだけでなく、クリームチーズなどに合わせてお酒と一緒にも楽しめる。「自分の好きなウイスキーを使ったものを作ってほしかった。少し大人のイメージの味わい」(西牧さん)。

 歩いて1分程度の距離にある両店。それぞれ使っている瓶が同じということもあり、半年ほど前にコラボ企画の案が浮かんだ。「しばらく放っておいたというか…温めて(笑)、1カ月ほど前にそろそろやろうかと相談した」と蒔田さん。イベント名を考える中で、両店の距離を歩数で測ってみることになり、2人で行ったり来たりしながら数えた。「88歩というのは語呂もいいし、8は縁起の良い数字なので」と西牧さん。2店舗をはしごして楽しんでほしいという意図の通り、歩数を数えながら店舗間を歩く人も多いという。

 9日には、「Give me little more.(ギブミーリトルモア)」(中央3)で行われたトークイベントに2人が登壇。それぞれが開業するまでの経緯や、コラボ企画のきっかけなどを話した。「店舗側が単に参加するだけの企画もあるが、参加する人たちが思いを共有して、それぞれが関わることで良いイベントになる」と蒔田さん。「初日から好評で、初めて来てくれるお客さまも多くてうれしい」と西牧さん。

 価格はコンフィチュール=800円、キャンドル=2,300円。数量限定で売り切れ次第終了。2月7日からは第2弾を予定している。

  • はてなブックマークに追加