天気予報

6

-4

みん経トピックス

松本パルコ屋上にスケボー場安曇野でデジタルアート展

乗鞍岳「ご来光バス」、今夏も運行-標高2700メートルまでバスで登る

  • 0
乗鞍岳「ご来光バス」、今夏も運行-標高2700メートルまでバスで登る

夏の間だけ運行する「ご来光バス」

写真を拡大 地図を拡大

 アルピコ交通(松本市井川城2)は現在、早朝に乗鞍山頂畳平に到着する「ご来光バス」の運行を行っている。

 バスは乗鞍観光センター前を出発し、公共交通機関車両が到達できる最高地点を通る「乗鞍エコーライン」を利用して、乗鞍山頂畳平へ向かう。所要時間は約50分。到着後は自由解散となり、そのまま戻るバスに乗ることも、さらに山登りを楽しむこともできる。

 乗鞍高原~乗鞍畳平シャトルバスを、毎年7月上旬~9月末まで1便増便して運行する。「3000メートル近くまで登るのは大変という方もいるので、夏山のシーズン、そのお手伝いになれば」と同社担当者。夏休み期間は家族連れの利用が多いという。

 運行時刻は、乗鞍観光センター発=3時40分(~8月31日)、4時10分(9月1日~30日)。料金は片道=1,450円、往復=2,500円(小児半額)。9月7日は「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」のため運休。乗鞍観光センターの大型駐車場を利用できる。問い合わせは同社新島々営業所(TEL 0263-92-2511)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

塩尻市役所近くにコッペパン&カフェ「ing-cafe(イングカフェ)」。総菜系やデザート系などさまざまなコッペパンを用意
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング