食べる

松本に豚料理メーンの「豚ムスコ」-スペイン直送の生ハム目玉に

店内の様子

店内の様子

  • 0

  •  

 松本パルコ前のミスタードーナツ松本店2階に2月10日、豚料理をメーンに提供する「トラットリア 豚ムスコ」(松本市中央2、TEL 0263-35-5578)がオープンした。

 経営するユニゾンラボラトリー(同)が、イタリア料理店「エスタジ」から業態転換した。席数はテーブルとカウンター合わせて約60席。赤とダークブラウンを基調とした店内で、壁には「(同店の)楽しみ方」を書き、英字新聞を貼るなどしてにぎやかな空間を演出する。

[広告]

 メニューは、スペイン直送の「生ハム」(レギュラー=1,480円、ハーフ=860円)をはじめ、豚料理をメーンに提供する。おすすめは「がっつり無敵のスペアリブ」(980円)。300グラムというボリュームのあるメニューで「肉の厚さと上質な脂身と甘さは他では味わえないと思う。食べてもらって感じてほしい」と店長の赤川友梨さん。ほかに、豚の胃袋を使った「ガツ刺し」(480円)や「豚タンの厚切りステーキ」(880円)、「長野県産豚100%の粗挽きソーセージ」(680円)など。

 豚以外の肉メニューも多く、牛の第3胃袋を使った「せんまい刺し」や「百日鶏のたたき」、「仔羊のグリル」(以上580円)など。サラダやパスタ、魚介系メニュー、揚げ物、「アイスクリーム6種食べ放題」(60分380円)などのデザートも用意する。

 ドリンクはビールや日本酒、焼酎、カクテルなど幅広くそろえる。ワインは赤、白、スパークリングを22種類用意。メニュー表に産地や味の特徴などを記して紹介する。「さまざまな料理があるので、それに合わせて楽しんでもらえるように充実させた」

 「エンターテインメント性を取り入れた居酒屋を目指している。内装や企画など、楽しんでもらえる店作りを心掛けている」と赤川さん。「一人でも多くの方に笑顔になってほしい。お客さまの『楽しかった』がいろいろな人に連鎖して、楽しく元気になれる場所だと思ってもらえたら」とも。

 営業時間は18時~23時30分(金曜・土曜は24時30分まで、いずれもラストオーダー)。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加