見る・遊ぶ 買う

松本のギャラリーカフェでガラス&陶器展-高山の作家が二人展

ギャラリー内の様子

ギャラリー内の様子

  •  
  •  

 松本のギャラリー&カフェ「憩の森」(松本市城山、TEL 0263-38-7660)で現在、吹きガラス作家・安土草多さんと陶芸家・中西忠博さんによる企画展「宙吹きガラスと陶のうつわ展」が開催されている。

しま模様が特徴の「彩泥」シリーズ

 ガラス作品はグラス、花器、小鉢、ぐいのみやとっくりなどの酒器、ペンダントライトなど。陶器はマグカップ、皿、鉢など。合わせて約300点を展示する。

[広告]

 安土さんは、岐阜県高山市で制作活動を行っている。作品は透明でシンプルな形のものが中心。数種類の形で展開するペンダントライトは、同カフェでも使用しているもので、1点ずつ光の広がり方や色味も異なる。つり下げるタイプを中心に、スタンドタイプのものも含め10点以上用意する。

 同じく高山市で工房「しずく窯」を構える中西さんの作品は、ぽってりした形と温かみのある色合いが特徴。化粧土で装飾した彩泥(さいでい)のシリーズは、しま模様が一つ一つ違う表情を生み出している。マグカップはカップや持ち手の形によって「しろカクマグ」「しろまるマグ」「せいたかマグ」などの名前が付けられている。

 安土さんの展示は今回が4回目。「昨年は木工との組み合わせだったが、今回は安土さんに中西さんを紹介していただき、ガラスと陶器になった」と店長の布施智浩さん。「安土さんはこの時期、恒例になってきているので毎年楽しみにしている人も多く、グラスなどはずいぶん出てしまった。気になる方はお早めに」と話す。

 作品は全て販売する。価格は、八角グラス=2,625円~、花器=3,150円~、ペンダントライト=1万3,650円~、飯わん=2,420円~、マグカップ=2,940円~など。営業時間は10時~18時30分。木曜定休。入場無料。7月31日まで。

  • はてなブックマークに追加