見る・遊ぶ 買う

松本のギャラリーカフェで「台所展2」-多彩なエプロンや古道具など

さまざまな台所雑貨が並ぶ会場

さまざまな台所雑貨が並ぶ会場

  •  
  •  

 松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、さまざまな台所雑貨を集めた「台所展2」が開催されている。

 昨年に続き2回目となる同展。「nagi botan」の阿久津清子さん(安曇野市)、「ようさん工房」の百瀬陽子さん(松本市)は布ものを、「acts cobo」の阿久津正直さん(安曇野市)は木工品を出展。小物類は古道具店「燕(つばくろ)」(松本市)と松野屋(東京都・日本橋)が用意する。

[広告]

 エプロンは、前掛けタイプからワンピースタイプまで、さまざまな形が並ぶ。ようさん工房は、花柄やペイズリー柄、チェックなど色鮮やかでにぎやかな柄が多く、キッズサイズも用意。nagi botanは頭からかぶるワンピースタイプのものをリネンで制作した。「普段着にできるくらいすてき。エプロンをしないという人も、これを機にしてみたくなるのでは」と同店の熊谷幸枝さん。

 nagi botanが出展する藍染めシリーズは、同店に来る男性客のリクエストから制作したもの。クロスと鍋敷きを用意する。「夏なのでブルー系と麻の組み合わせにしてくれた。使うほどに変化する風合いを楽しんでもらいたい」

 acts coboは、カッティングボード(クルミ)やサーバー(サクラ)、へら(ナラ)などを出品。「細さや長さが絶妙で、へらがすごく好評」と熊谷さんは笑顔を見せる。小物は、ホーローのバットや鍋、ワイヤバスケット、ざる、手拭い、茶筒、クッキー型やゼリー型など。和だんすや小さめの机、アンティークのクロスなど、味のある古道具も多数展示する。

 「『台所』というくくりにすることで幅が広がる」と熊谷さん。「1階の雑貨スペースには置けないけど、紹介したいものがたくさんあって企画した。恒例にできたら」とも。

 価格は、エプロン=3,800円~、藍染めのリネンクロス=1,100円、カッティングボード=2,700円~、へら=2,000円など。

 営業時間は11時~20時。火曜と第1・第3月曜定休。入場無料。8月27日まで。

  • はてなブックマークに追加