食べる

安曇野に和食料理店「旬彩庵ふるや」-隣接農園の旬野菜使う

落ち着いた雰囲気の店内

落ち着いた雰囲気の店内

  •  
  •  

 安曇野市の県道321号線沿い、HAMAフラワーパーク安曇野向かいに5月11日、和食料理店「旬彩庵ふるや」(安曇野市三郷、TEL 0263-76-0188)がオープンした。

併設する「旧小穴家住宅」での食事や宴会利用も可能

 店舗面積は約20坪。席数はテーブルと小上がりで42席。イタリアンレストラン「こむぎ亭」跡にオープンした。小上がり席は、同じ敷地内にある同市の有形文化財で築300年の古民家・旧小穴家住宅の一部分を移設したものだという。

[広告]

 メニューは丼やそば、うどんの和食がメーン。「焼き鳥親子丼」(850円)や「ソースかつ丼」(890円)、「ざるそば」(600円)、「五目あんかけうどん」(780円)など。平日のランチタイム(11時~14時)には「日替わりランチ」(850円)も用意する。「旬彩ピザ」(1,050円)や「ハンバーグ&メンチカツ」(1,100円)、「ぶた空揚げカレー風味」(600円)などの単品料理も。ソフトドリンク、アルコールのほか、「ミルクティープリン」(300円)などのデザートも提供する。

 食材は、隣接する「ふれあい農園」で採れる野菜やそば、地元農家から仕入れる米を使うなど、地産地消を心掛ける。「旬のものを使った季節の料理も提供していきたい。朝採り野菜をかごに並べ、その中からお客さんに好きな野菜を選んでもらい、サラダやそのままで食べてもらうことも考えている」と店長の丸山昭夫さん(56)。同農園では種まきから収穫、加工までを体験する年間セミナーを行っている。「セミナーとは別に参加者を募り、気軽に農業を体験できるようにしたい。多少形が悪くてもおいしさに変わりはないということも知ってもらいたい」

 「お茶1杯だけでもいいし、長靴で来てもらっても大丈夫(笑)。地域に密着した店にしたい」と丸山さん。「希望があれば『旧小穴家住宅』で食事や宴会もできるので、気軽に相談して」とも。

 営業時間は9時~20時30分(ラストオーダー)。木曜定休。