3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

シェアオフィス兼コワーキングスペース「ワークテラス佐久」4月2日(木)グランドオープン!

リリース発行企業:長野県佐久市

情報提供:

長野県佐久市(市長:柳田清二)は、4月2日(木)に、テレワークセンター「ワークテラス佐久」をグランドオープンします。本センターは、佐久市まるっとテレワーク推進事業の一貫で、市内への企業誘致や・創業企業の促進、Uターン・Iターンなどの移住を含む雇用の創出を目的としています。


ワークテラス佐久は、5つの「シェアオフィス」を完備し、レンタルスペースとしての利用はもちろんのこと、都内企業のサテライトオフィスや、起業希望者へのレンタルオフィスとしても利用が可能です。また、オフィス入居者のみならず、地域の人や出張で訪れた人など、様々な人が気軽に利用できる「オープンラウンジ」があり、地域に根ざした総合型テレワーク拠点を創出しています。ほかにも、70人規模の会議を可能にする「カンファレンスルーム」や、一時的な使用も可能な「会議室」、キッズスペースの近くにデスクがあり、子どもを見ながら仕事ができる「子ども連れワークスペース」など、多様な人材がより快適に働ける空間を有しています。

佐久市では、ワークテラス佐久を起点に、内山牧場キャンプ場など、市内の緑豊かな自然環境の中で、オフサイトミーティングにより、都内の喧騒を忘れて開放感を味わいながら新しいアイディアの創出やチームビルディングなど、まち全体で様々な働き方を応援しています。

1階オープンラウンジ
オフサイトミーティング(内山牧場キャンプ場)



テレワークセンター「ワークテラス佐久」概要

■住所
長野県佐久市中込2336-1
■営業時間
平日10:00~18:00、土祝10:00~15:00、日曜定休
■利用料金
ワンタイム利用:500円/3時間(1,000円/日)
個人会員:5,000円/月~、団体会員:25,000円/月~
※詳細は、ワークテラス佐久までお問い合わせくださいませ。
■公式HP
www.3saku.com
■館内図




佐久市まるっとテレワーク推進事業

佐久市の恵まれた自然環境と都市環境をフル活用し、まちごと・まるごとテレワークフィールドの整備を進める事業です。新たな働き方のスタイルを提案し、「テレワークで活躍できるまち」として佐久市の地方創生を図っていきます。既に、佐久平駅や、内山牧場キャンプ場など、地域の遊休施設や空きスペース等を利活用し、テレワークスポットの整備を進めています。


佐久市の紹介

佐久市は浅間山、八ヶ岳、北アルプスなどの季節ごとに表情を変える美しい山々に囲まれています。JR北陸新幹線で東京まで約70分、上信越自動車道で首都圏から約110分と高速交通の利便性が高い場所ともいえます。全国トップクラスの晴天率を誇り、年間を通して降水量が少なく、冬の雪も少ない地域です。また、気象観測史上、熱帯夜が観測されたことはなく、非常に暮らしやすい気候となっています。全国的にも先進的な地域医療と包括ケア体制を整えており、医療福祉が充実しています。


1階コワーキングスペース入り口
オフサイトミーティング(さくラさく小径)

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home