安曇野の陶芸家と木工家の親子、松本のギャラリーカフェで作品展

ギャラリー内は、花塚さん親子の温かい作品で溢れる。

ギャラリー内は、花塚さん親子の温かい作品で溢れる。

  •  
  •  

 松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556 )で現在、陶芸家・花塚哲男さんと木工家・花塚光弘さん親子による作品展「陶のイロ・木のイロ」が開催されている。

 同店での個展は2回目。二人は北安曇郡松川村の同じ敷地内にそれぞれ工房を持ち、作品制作を行っている。

[広告]

 父の哲男さんは「陶のイロ」をテーマに赤や青、黄色など鮮やかな着色を施した器類と、人や動物をモチーフにしたオブジェ約80点を展示。器には、細かい線と点で幾何学模様が描かれている。オブジェは歌を歌う合唱団や眠る牛など、ほほ笑ましいものばかり。

 息子の光弘さんは「木のイロ」をテーマに、種類や色の違う木々を組み合わせた作品約100点を展示。時計やスツールなどの生活雑貨、光弘さんの作品の特徴でもある、人の顔をモチーフにしたオブジェやストラップなども多数並ぶ。作品には「僕の街の番人たち」「僕の中に住む人」「空飛ぶ魚が住む街」などユニークなタイトルが付けられている。

 「哲男さんの作品はどんどん鮮やかになっている。でもいい鮮やかさ」と同ギャラリーの熊谷さん。「二人が作り出す『イロイロ』な物たちを見に来てください」とも。

 作品はすべて販売も行う。価格は、オブジェ=3,150円~、器=4,200円~、コーヒーカップ=3,675円~、時計=13,650円~など。

 営業時間は11時~20時。火曜と第1・3月曜定休。入場無料。4月26日まで。