見る・遊ぶ

松本のギャラリーでMARUさん個展 「寝袋マン」など笑顔になる作品200点超

「MARUさんの人となりが作品に表れている」と木内さん

「MARUさんの人となりが作品に表れている」と木内さん

  • 17

  •  

 イラストレーター・フリーアーティストのMARUさんの個展「小さい生活」が現在、松本・中町のギャラリー&ショップ「手仕事商會(しょうかい)すぐり」(松本市中央3、TEL 0263-33-7736)で開催されている。

表情も柄も多彩な「寝袋マン」

 MARUさんが手掛けたイラストを用いた作品200点以上を展示する。個性的でユニークな作風のMARUさん。「寝袋マン」は名前の通り、細長いだ円の寝袋に包まれ、顔の部分だけがのぞいている人形。大小さまざまなサイズのほか、描いたグッズも用意する。

[広告]

 Tシャツやパーカ、バッグはMARUさんが手描きした一点物。ネコや鳥などの動物、植物のほか、おにぎりやみそ汁を描いたものもある。オーダーメードも受け付け、持参したものに好みのモチーフを描いてもらうこともできる。

 「毎日の絵」は自然の風景から、飛行場や駐車場までさまざまなシチュエーション。「早く雨フリ終わりますように」「遅い夜にオレンヂの月が昇りました」など何気ない一言も添えている。

 MARUさんは静岡・浜松市在住。イラストにもなっている2匹とネコと生活しながら創作活動を行っている。同店では常設でも扱いがあり、店主の木内文嘉さんは「今年1年いろいろあったが、年末年始に向けて、気分が晴れ晴れするような、見た人が笑顔になるようなものをたくさん紹介したかった」と話す。今後、正月に向けてだるまを描いたアイテムも追加する予定だという。「MARUさんの絵を見て楽しい気分で、穏やかに新しい年を迎えてもらえれば」とも。

 価格は、寝袋マン=550円~、小皿=1,650円、バッグ=2,420円~など。営業時間は11時~17時。水曜・木曜定休(1月1日は休み)。1月12日まで。

  • はてなブックマークに追加