3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

安曇野周辺のうどん・ギョーザ・ラーメン3店がコラボ 各店の味を知るきっかけに

3店がコラボした「鶏白湯(パイタン)うどん」

3店がコラボした「鶏白湯(パイタン)うどん」

  •  
  •  

 讃岐うどん店「手打ちさぬきうどん 心(こころ)」(安曇野市穂高、TEL 0263-75-3277)が、「餃子(ギョーザ)商店つむぎ」(三郷温)とラーメン店「らーめん矢」(大町市)とコラボした「鶏白湯(パイタン)うどん」を現在、販売している。

 「矢」の鶏チャーシューと鶏油(チーユ)、「つむぎ」の鶏白湯スープと鍋用ギョーザ「ゆでまる」、「心」の煮干しだしと麺、煮卵を合わせた。「心」の渡部香店長は「最初はつけ麺を考えていたが、時期的に温かいものにしたいと思って。スープがそのままだと濃いので、うちのだしと合わせてみたらちょうどいい感じになった」と話す。

[広告]

 「心」が他店とコラボするのは初めて。3店の店主同士が同年代で、オープン日も近いという縁があり、それぞれ訪れるうちに交流が生まれたという。昨秋、「一緒に何か面白いことができれば」と話し、スタンプラリー「大町~安曇野 イケ麺店主の美味(おい)しいお店~そこに小麦があるかぎり~」を企画。12月にスタートし、3店で商品を購入すると、オリジナルトートバッグを進呈している。

 コラボ麺は、スタンプラリーに合わせて開発。「心」代表の川口友子さんは「試しに作ってみたらおいしかったので、各店に協力を得て商品化した」と話す。メインはうどんだが、夜は「裏メニュー」としてラーメンでも提供。「こうしたらもっとおいしくなるかも、と改良を重ねるうちに、いろいろな種類が生まれた」

 スタンプラリーでは、「お互いのお客さんが来店するきっかけになっている」と手応えを感じているという。川口さんは「コラボ麺でも、各店の味を知ってもらって、足を運ぶきっかけをつくることができれば」と意気込む。

 営業時間は11時~14時30分、18時~20時。火曜夜、水曜定休。コラボ麺の提供は3月末までを予定。スタンプラリーは1月31日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home