食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

松本市内で「草間彌生展」関連企画 館外展示や記念メニューで「街全体楽しんで」

「松本パルコ」内のポップアップショップ

「松本パルコ」内のポップアップショップ

  •  

 松本市美術館(松本市中央4)で開催中の前衛芸術家・草間彌生さんの作品展「草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて」に合わせて現在、市内各地で館外特別展示や開催記念メニューの提供を行っている。

ドット柄が特徴の開催記念メニュー

 JR松本駅では、お城口バス乗り場とタクシー乗り場のルーフに作品「水玉強迫」が出現。ホテル「ブエナビスタ」(本庄1)では躍動感あふれる「命」、「イオンモール松本」(中央4)ではメタリックな質感の「宇宙に届け、水玉かぼちゃ」を展示する。4月28日に開業する「信毎メディアガーデン」(中央2)にも、オープニングに合わせて「PUMPKIN2011」が登場する。

[広告]

 「松本パルコ」(中央1)ではポップアップショップをオープン。美術館に設置されている特設ミュージアムショップとほぼ同様の品ぞろえで、約140点のアイテムが並ぶ。1階の「5HORNパルコ松本」では、期間限定で開催記念メニューを提供。前半(5月6日まで)は、スポンジにフランボワーズジャムをサンドし、皿にソースでドット柄を表現した「スクエアドット-赤と白-」、白色のブランマンジェとチーズアイスでイチゴを包んだスープ「スプリングラブ」(以上980円)の2品、後半(7日~)は異なるメニュー2品を用意する。2つのショップが面する、伊勢町通りと公園通りのガラスには赤い水玉模様を施し、街全体の盛り上げも演出。同館の本戸翔子さんは「美術館で鑑賞した後に足を運んでもらって、草間さんの世界観をより深めてもらえれば」と話す。

 ほかに、ホテル「ブエナビスタ」では4つのカフェ・レストランで作品をオマージュした多彩なメニューを展開する。中国レストラン「聖紫花」では「酢豚のドット春巻き 籠添え」(1,300円)、料亭「深志楼」ではカボチャを器にした「沢煮風丸ごと蒸し南瓜(かぼちゃ)」(1,000円)、フランス料理「ソルプレーサ」では「フォアグラのポワレ 南瓜(かぼちゃ)のリゾット添え」(1,800円)など。美術館に併設しているレストラン「ビストロサンチーム」も水玉模様を描いたケーキや、グッズ販売している水玉グラスで提供する「水玉フロート」(840円)など4品を用意する。

 市内の通りは水玉のフラッグが彩り、水玉デザインの周遊バス「タウンスニーカー『水玉乱舞』号」や高速バス「草間号 幻の華」も雰囲気を高める。同実行委員会の小口一夫事務局長は「松本は歩くのにちょうどいいサイズの街だし、これからは気候もいい。美術館だけではなく、街歩きも一緒に楽しんでほしい」と呼び掛ける。