3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

松本・中町近くに喫茶店「かうひいや3番地」 東京・吉祥寺から移転

落ち着いた雰囲気の店内

落ち着いた雰囲気の店内

  • 322

  •  

 松本・中央の藤森病院近くに喫茶店「かうひいや3番地」(松本市中央2、TEL 0263-33-2887)がオープンして1カ月が過ぎた。

 東京・吉祥寺周辺や鎌倉など何度か場所を変えながら30年以上営業してきた同店。今年10月に吉祥寺の店を閉めて移転した。以前、染物店だったという店舗は、畳を外して板間に。長く使い続けている足踏み式ミシンを使ったテーブルや椅子、什器(じゅうき)などで、前店同様、落ち着いた雰囲気をつくり出している。店舗面積は約14坪、席数はテーブル12席。

[広告]

 ネルドリップで入れるコーヒー(500円)は4種類。アメリカンの「クレールブレンド」はマグカップで、最も濃い「ノアールブレンド」はデミタスカップで提供する。カフェ・オ・レ(600円)や、紅茶(アッサム、ニルギリ、アールグレイ、各500円)、ハーブティー(600円)なども。自家製の「今日のケーキ」(400円)はチョコレートとチーズケーキの2種類を用意する。メニューは変わらないが、「松本の水はコーヒーと相性がいいし、紅茶も渋みが出ない」と安藤さん。

 移転を決めたのは今年の夏。移転地の候補には、大町市や山梨・北杜市などもあったというが、「松本は好きでよく来ていたし、知り合いも多い。個人が営んでいる中古レコード店や古本店があることも決め手になった」と話す。

 現在は通りに面した側のみに席を設けているが、今後は奥も活用したり、2階はギャラリーとして貸し出したりしたいという。安藤さんは「自分が居心地いいと思う空間づくりをしている。同じようにこの空間を心地良いと思って過ごしてくれる人が増えるとうれしい」と笑顔を見せる。

 営業時間は11時~21時(日曜は20時まで)。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home