見る・遊ぶ 買う

松本のギャラリーカフェで指人形と器の陶芸展-カップやオブジェなど200点

展示の様子

展示の様子

  • 0

  •  

 松本のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、陶芸家・大胡(だいご)琴美さんの作品展「大胡琴美のげんきに指人形、てのひらから器」が開催されている。

ディティールまで作り込んだ指人形の数々

[広告]

 同ギャラリーでの展示は6回目。ボウルやカップなどの食器、指人形、ブローチなど約200点を展開。「指人形は久しぶりにたくさん作った。民芸品のような雰囲気を出したかった」と大胡さん。頭からキノコを生やしたネコや、かぶりものを着たネコなど、ユニークな指人形を30体ほど用意した。「きちんとした器を作る過程でオブジェは遊び心を持って作るので、気持ちの切り替えになる」

 ネコの舌がフックになった壁掛け仕様の「ネコフック」や、丸くたたずむフォルムがかわいらしい印象の「ネコのハト笛」などのオブジェも制作。「ネコは自分っぽくて身近に感じる。好きだから作品に多いのかも(笑)」と話す。

 定番の細かいひび状の貫入(かんにゅう)に薄く着色した器は、骨董(こっとう)品のような風合いを出すために渋汁につけている。外側にブロンズ入りの釉薬(ゆうやく)を施したマットな質感の鉢なども。会場の床の間に並べた焼き締めの器は新作で、同展前日に焼き上がったばかりだという。

 大胡さんは千葉県出身。大学ではグラフィックを専攻し、デザイン事務所に勤務。その後、イギリスを拠点に活動した陶芸家のルーシー・リーの器に触発され、陶芸家に転向して10年がたつ。「これからも日常の風景にちょっと変化があったと感じてもらえるような器を作っていきたい」と大胡さん。「今後はじか火で焼き上げる作品にチャレンジしていけたら」とも。

 作品は全て販売する。指人形=1,700円、面とりカップ=3,024円、貫入ボウル=2,808円、ブロンズ大鉢=5,940円など。営業時間は11時~20時。9月16日・17日、24日~26日は休業。9月29日まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース