見る・遊ぶ

松本のギャラリーカフェで「わたしの山バッチ」展-山の楽しさ表現

高山植物をモチーフにした作品は、植物のイラストも

高山植物をモチーフにした作品は、植物のイラストも

  •  
  •  

 松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、松本市在住のデザイナー・山本葵さんの作品展「わたしの山バッチ」が開催されている。

北アルプス北部山バッチ「爺ヶ岳」

 「mauve(モーヴ)」のブランド名で活動する山本さんは、シルバーや真ちゅうなどの金属を使ったアクセサリーを制作。山をモチーフにした作品を中心に、ネックレス、ピアス、ピンブローチ、ブレスレット、オブジェなど200点以上を並べる。

[広告]

 三角形の「北アルプス北部山バッチ」は、山の名前と標高を刻印。「鹿島槍ヶ岳と爺ヶ岳は、山の形も似せた。ゆくゆくは全ての山を作りたい」と山本さん。上高地の河童橋から見える穂高連峰の展望図を基にしたオブジェや、「有明山バッチ」が入ったおみくじ「有明山みくじ」も用意する。

 ムラのある色合いが特徴的な七宝焼のチョウのピンブローチや、岩の上にライチョウが止まっているようなオブジェなど、動物をモチーフにしたものも。ほかに、ツマトリソウやチングルマなどの高山植物のネックレスやブローチ、ピッケルをかたどったピアスなど、さまざまなアイテムで「山の楽しさ」を表現している。

 山本さんは千葉県出身。自然と一緒に暮らしたいと2002年に移住。5~6年前から頻繁に山へ行くようになり、シーズン中はほぼ毎週登っているという。山をテーマにした個展は一昨年から毎年7月に同店で開催。「ここ数年は、山への愛情が作品にも表れている」と同店の熊谷幸枝さん。「今回はピンバッジやキーホルダーなど、女性だけではなく男性でも使えるアイテムも多い」と話す。

 「ピッケルなどの道具も自分で使うようになって、より愛着が生まれたのかも(笑)」と山本さん。「山登りの記念になれば、という気持ちもある。いずれは山小屋などにも置いてもらえるようにしたい」とも。

 作品は全て販売する。ピアス=1,500円~、ネックレス=5,000円~、北アルプス北部山バッチ=1,500円、有明山みくじ=1,000円など。営業時間は11時~20時。火曜、第1・第3月曜定休(7月21日は営業)。今月31日まで。

  • はてなブックマークに追加