松本・上土に鉄板焼き「ぼんちゃん」-青ネギや油かす使ったメニューも

「熱いうちに食べられるように」と調理したものを客席の鉄板に運ぶ

「熱いうちに食べられるように」と調理したものを客席の鉄板に運ぶ

  • 0

  •  

 松本・上土に鉄板焼き店「ぼんちゃん」(松本市大手4、TEL 080-3558-6930)がオープンして1カ月が過ぎた。

蔵造りの外観

 場所は今年6月に閉店した餅屋「澤田庵」の跡。蔵造りの外観はほぼ以前のまま残し、ガラスや黒板にメニューを書くなど工夫する。「内装もできる限り自分で行った」と店主の西村知泰さん。目印にもなっている店の外に置いた看板も、赤色のものと黒色のものを自らカスタマイズした。席数はテーブル席24席。

[広告]

 メニューは、西村さんが調理したものを、テーブルの鉄板に運ぶ。メーンの鉄板焼きは200円からで、豆腐(200円)、厚揚げ(300円)、じゃがバター、ささみの梅肉和え(以上450円)、豚キムチ(650円)など。定番メニューのほかに、季節の食材を使ったものも。現在は、エリンギ、秋鮭バター焼き(以上400円)、スルメイカ(500円)などを用意する。

 安曇野産の青ネギを使った「青ネギメニュー」は、「ネギチーズ」「鶏もも肉とネギ」(以上550円)、「砂肝とネギのうま辛味噌」(600円)など7種類。「長ネギとは違って、青い部分を食べる。ネギ独特の臭いや辛さもないので、ネギが苦手な人でもたくさん食べられる」と西村さん。大阪出身の西村さんが「大阪・南河内では昔から食べられていた『郷土食』みたいなもの」という牛の小腸をじっくり油で揚げた「油かす」を使った「油かすとネギ」(650円)も用意する。

 オープンして1カ月。「大家さんをはじめ、近所の人にもよくしてもらって、ありがたい限り」と西村さん。「シンプルな食材なので、焼き方と素材にはこだわっている。手頃な値段でおいしく楽しく食べてもらえれば」と話す。

 営業時間は、平日=17時~21時30分、土曜=16時~21時30分、日曜・祝日=11時30分~17時(いずれもラストオーダー)。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home