見る・遊ぶ

松本で山岳フォーラム開催-登山用ウエア・ファッションショーモデル募集

昨年行われた「最新登山ファッションショー」

昨年行われた「最新登山ファッションショー」

  • 0

  •  

 松本のホテル「ブエナビスタ」(松本市本庄1)で11月25日に開催される「岳都・松本 山岳フォーラム 2012」実行委員会は現在、同イベント内で行われるファッションショーのモデルを募集している。

 ファッションショーは「山を楽しむスタイルショー・3世代で楽しむ山スタイル」がテーマ。ボランティアモデルは、5~7歳、10~12歳、30~40代、50~60代の各世代の男女を募集する。当日以外にも、事前の衣装合わせに参加できることが条件。「応募は、親子や3世代でも歓迎」と同実行委員会の福田秋夫さん。昨年は、地元の大学生がモデルを務め、最新登山ファッションを紹介したが、今年はシチュエーションごとに楽しめるスタイルショーに。「例えば『日帰りトレッキング』『3000メートル級の山で1泊』などに合わせたスタイルを提案する。ザックの中身や装備などの情報も合わせて紹介する予定」(福田さん)。

[広告]

 当日、第1会場ではファッションショーのほかに、俳優の市毛良枝さんによる講演会「私に元気と健康をくれる山を語る」や、「山の日」の制定に向けての全国的な動きと同市の取り組みの紹介、山小屋関係者を迎えてのパネルディスカッション「北アルプス山小屋サミット」などが行われる。第2会場では、漫画家の鈴木ともこさんによるミニトークや、山岳観光ポスター展を開催。山用品の正しい扱い方についてのワークショップや山岳写真コーナー、スノーシーズンに向けてのゲレンデ情報など物販や参加型のブースも展開する。どちらも入場無料だが、第1会場は聴講券が必要。

 同イベントは昨年に続いて2回目の開催。「岳都」松本から、山の魅力を発信し、「山の日」の制定に向けた機運を高めることを目的にする。「昨年は1000枚用意した聴講券が1週間ほどでなくなってしまうほど好評をいただいた」と福田さん。今年は聴講券不要の第2会場も設け、より多くの人が気軽に参加できるようにした。「楽しみながら山の知識を深めてもらえるように、体験できるものも用意した。山に興味がある、幅広い年代の方に足を運んでもらえれば」

 ボランティアモデルの受け付けは10月15日まで、ホームページの応募フォームで受け付ける。問い合わせはナガタビ(TEL 0263-87-3047)まで。聴講券の申し込みは今週末から受け付ける。同イベントの問い合わせはホームページまたは市山岳観光課(TEL 0263-94-2307)まで。

  • はてなブックマークに追加