プレスリリース

交換日記から恋をはじめよう!長野県茅野市が婚活キャンペーン「結日記(ゆいにっき)」の第3弾を開催!西会津町、椎葉村も参加して地域拡大!

リリース発行企業:茅野市

情報提供:

長野県茅野市は、市内在住者と市外在住者を繋ぐ婚活キャンペーン「結日記」の第3弾を、福島県西会津町・宮崎県椎葉村とともに11月下旬から2月にかけて同時開催いたします。


応募者の中から興味関心やバックグランドをもとにマッチングされた10組がオリジナルの交換日記を通じて交流を深めていくこの企画は、2018年11月より、株式会社カヤックLivingとの共同企画としてスタートしました。顔も名前も明かさないままで10往復の交換日記を交わしたあと、お互いに会いたいと思ったら開催地の名所で2人ははじめて出会うことができます。第1弾は10組が交換日記に参加し、出会った結果、5組のカップルが誕生しています。2019年6月に開催した第2弾は、参加者の年齢層を広げ、20代前半のペアから50代のペアまで総勢15組が参加しました。交換日記は現在進行中で、11月中旬から順次、茅野市御射鹿池での出会いへと進んでいきます。

そして2019年の冬。茅野市と同時開催が決まった福島県西会津町および宮崎県椎葉村を新たに加えて、結日記第3弾がスタートします。茅野市は、新たに加わる2地域にこれまでのノウハウや事例を示しながら、婚活支援に止まらない関係人口創出へと繋がる「結日記」の輪を、全国に広げていくことを目指します。

結日記へ参加したい方はこちら
https://yuinikki.smout.jp/apply.html


■カップル成立率50%!「結日記」の仕組み
1. まずは、茅野市内在住者と市外在住者を募集し、プロフィールや希望に応じてマッチングされます。


2.相手と会うまでは相手を特定できるような、本名、写真、SNSはいっさい開示NG。ニックネームや出身地、好きな映画など、全10ページの日記内でお互いに綴られる情報を頼りに人柄を知っていきます。


3.オリジナルの日記帳は、お互いの顔を想像しながら似顔絵を描いたり、人生の折れ線グラフを書くなど、短期間で顔の見えない相手との距離を縮められるよう設計されています。


4.「結日記」は郵送で市役所を仲介して交換されるので、会うその時まで、顔はもちろん、本名や住所などプライベートな情報は全くわかリません。


5.「会いたい」と思ったら、相手への思いを栞に書いて日記に挟む、奥ゆかしい演出。会う場所は「御射鹿池(みしゃかいけ)」と言われるロマンチックな茅野市の名所。


過去の結日記の模様 
https://yuinikki.smout.jp/profiles.html

■募集概要
応募条件:20歳以上の独身の男女で、企画に最後まで参加可能な方
応募締切:2019年11月22日(金)午後7時
応募方法:特設サイト(https://yuinikki.smout.jp/apply.html)の応募フォームからご応募ください
募集人数:10組20名(1組のうち片方は茅野市民)

■茅野市について
長野県茅野市は、新宿から特急スーパーあずさで約2時間。八ヶ岳連峰、蓼科湖、白樺湖などの雄大な自然が広がり、四季折々の美しさが溢れる人口約5万5千人の街。約5000年前に縄文文化が栄えた街で市内からは数多くの集落遺跡や日本最古の国宝(土偶)「縄文のビーナス」が発掘されました。また「御柱(おんばしら)祭」が行われる諏訪大社上社前宮などの歴史的な見どころも多いまちです。2018年11月には、これからのまちづくりのためのロゴマークとブランドフレーズ「まんなかに愛のあるまちCHINO」を発表しました。縄文時代から愛のある暮らしが現代に受け継がれている茅野市には「人」と「愛」があり、いつも笑顔があふれているまちを目指しています。

  • はてなブックマークに追加