食べる

松本・深志に「おおつき酒店」 角打ちスペース設け、0次会、はしご酒の拠点に

日本酒、ワイン、焼酎を中心に豊富な品ぞろえ

日本酒、ワイン、焼酎を中心に豊富な品ぞろえ

  • 116

  •  

 角打ちができる酒の小売店「おおつき酒店」(松本市深志2、TEL 0263-31-0474)が、松本・天神通りにオープンして1カ月が過ぎた。

店内には角打ちできるスペースも

[広告]

 業務用酒類販売・卸の「大月酒店」(征矢野1)が、初の小売店として開店。大月弘士社長は「これまでも倉庫に来てくれた方に業務用の商品は販売していたが、より気軽に手に取れる場所を作りたかった」と話す。割烹(かっぽう)「四季彩 樹(いつき)」の跡を居抜きで使い、店内にはテーブル、カウンター合わせて15席と立ち飲み席を設け、有料での試飲や角打ちができる。

 商品は、日本酒、ワイン、焼酎をメインに展開。日本酒は、地酒を中心に全国各地の約150銘柄を取りそろえる。以前個室だったスペースを改装したワインセラーには、「マスター・オブ・ワイン」に日本人で唯一認定されている大橋健一さんが厳選したワインを用意。半数ほどが自然派ワインで、ニュージーランド、オーストラリアなど「新世界(ニューワールド)」にも力を入れる。

 店内では、日本酒12種類(350円~)、ワイン8種類(400円~)のほか、グラスレンタル(300円)を支払い購入したボトルを楽しむこともできる。「和おつまみ3点盛り」(480円)や「パテドカンパーニュ」(580円)など季節の食材を使ったおつまみも提供する。

 持参した酒を飲食店で楽しめるBYO(Bring Your Own Bottle)に対応している店の紹介や、蔵元を説明したカードを用意するなど、生産者と飲食店をつなぐ卸ならではの取り組みも。今後は、試飲会などのイベントも開いていきたいという。「専門性の高さ、豊富な品ぞろえという強みを生かした情報発信をしていきたい。松本のはしご酒の出発点となれれば」とも。

 営業時間は12時~19時。日曜・祝日、第2・4水曜定休。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース