見る・遊ぶ

松本でテキスタイル工房「点と線模様製作所」展 春らしく優しい雰囲気で

春らしい雰囲気のギャラリー内

春らしい雰囲気のギャラリー内

  •  
  •  

 テキスタイル工房「点と線模様製作所」の企画展「春を迎えに」が現在、松本のギャラリー「ギャルリ灰月(かいげつ)」(松本市中央2、TEL 0263-38-0022)で開催されている。

レースのアクセサリーなども用意

 バッグやポーチなどの雑貨類をはじめ、レースのアクセサリー、靴下のほか、プリントや刺しゅう生地、ボタン、材料キットなど500アイテム以上を展示する。昨年から「靴下のhacu」(愛知県江南市)とコラボして作っている靴下は、野草や花をあしらったもの。明るい色合いのものやロング丈も用意する。

[広告]

 展示会に合わせて同ギャラリーとコラボしたアイテムは、トートバッグ、ポーチ、きんちゃくの3種類。トートバッグはオリジナルのものよりも少し大きめの「実用サイズ」にした。ギャルリ灰月の滝澤充恵さんは「普段持ち歩いているものが入るようなサイズにしたかった」と話す。人気のタイプは早々に売り切れてしまったものも。

 「点と線模様製作所」は、テキスタイルデザイナー・岡理恵子さんが2008年、北海道を拠点に立ち上げた。普段の生活で目にした風景や記憶の中にある情景など、身近なものをデザインソースとして「模様」を生み出している。展示は2017年に続いて2回目。今回は岡さんが産後ということもあって、在廊はかなわなかったが、「お母さんになったことで、また違う面が見られるようになると思うので、今後の作品も楽しみ」と滝澤さん。

 カットクロスや生地は、植物や動植物をプリントしたり、刺しゅうしたりした優しい雰囲気のものが中心。子ども服を作りたいと買い求める人や、3世代で訪れて選ぶ人もいるという。「どれにしようかゆっくり考えるお客さんも多い。実際に手に取って、楽しく悩んでもらえれば」

 価格は、カットクロス=800円~、ソックス=1,500円~、ミニバッグ=3,200円~、生地1メートル=2,900円~(50センチ以上10センチ単位で販売)など。営業時間は11時~18時(金曜・土曜は19時まで)。水曜定休。4月8日まで。

  • はてなブックマークに追加