見る・遊ぶ

松本・中町のカフェで「おさら市」 金属のような質感の新作含め400点

多彩な皿を中心にさまざまなアイテムが並ぶ

多彩な皿を中心にさまざまなアイテムが並ぶ

  •  
  •  

 陶芸家・佐々木一樹さんによる個展「カタチ製作所 おさら市」が現在、松本・中町の「cafe chiiann(チーアン)」(松本市中央3、TEL 0263-35-7553)で開催されている。

店内をぐるりと囲むように棚を配置

 皿を中心に、カップやボウル、花器やランプシェードなど約400点を展示。皿は、ラウンドやスクエアのほか、だ円型、八角形など多彩に用意する。全体的に落ち着いた色合いで、釉薬(ゆうやく)の掛け方でニュアンスを出しているという。マスターイエローとアンティークゴールドは新色。ゴールドは釉薬の中の自然の鉱物の発色で、金属に近い質感に仕上げた。

[広告]

 「『おさら市』と言っているが、今回はお皿以外にも力を入れた」と佐々木さん。ゴブレットは2タイプ、ボウルは3サイズを展開する。「カフェでの開催なので、デザートやドリンクに使えるものを意識した」

 カタチ製作所は、「素敵(すてき)をカタチに」をコンセプトに佐々木さんが立ち上げたブランド。現在、阿智村に工房を構え、作陶を行っている。

 2016年から開催し、年々、作品数が増え、展示スペースも拡大。今回は店内をぐるりと囲むように棚を配置した。店主の武田健さんは「開催を楽しみにするファンも増えている。私もお客さんも同じような思いで、『今年もこの時期が来た』という感じ」と笑顔を見せる。「人気の高いものはすぐになくなってしまうので、早めに足を運んでもらえれば」とも。

 価格は、皿=1,800円~、マグカップ=2,300円~、ボウル=1,300円~など。営業時間は10時~18時。入場無料だが喫茶利用が必要。3月20日は休み。3月27日まで。

  • はてなブックマークに追加