見る・遊ぶ

松本・池上邸の蔵で「がらんどうの庭」 展示&パフォーマンス、250本のバラと

蔵内は非日常的な空間

蔵内は非日常的な空間

  •  

 松本・中央の池上邸の蔵(松本市中央3)で現在、舞踏カンパニー「山海塾」に所属する振り付け家・舞踏家の石井則仁さんによるインスタレーション&パフォーマンス「がらんどうの庭」が行われている。

天井を見上げるとバラが

 開催は昨年に続いて2回目。薄暗い蔵内には約250本のバラの生花がつるされ、人骨の模型などが並ぶ。床には花びらが散らされ、「花びらの中で座ったり、寝転がったりして天井を見上げると全く違う感じ方ができる」と石井さん。今年は天候の関係で、バラは乾燥が進み、ドライフラワー状態になるのが早いという。

[広告]

 石井さんは2010年から同カンパニーに在籍し、ダンサーの活動と並行してさまざまな企画を展開している。同作品のテーマは、生が朽ち果てるまでの美しさ、死の後になお残る美しさ、生まれ変わっていく美しさ。「私が死ぬまでか、この蔵がなくなるまではずっと続けたい気持ちでいる。とはいえ、まずは10年」と石井さん。「歴史を重ねた蔵が持つ『影』を感じる。影があるからこそ作品が生きる」と話す。

 7月7日までは連日、三弦奏者、シンガー・ソングライター、ギタリスト、打楽器演奏者などを日替わりで迎えてパフォーマンスを披露する。石井さんは毎日同じテンポ、同じ振り付けで踊るが、「相手が変わることで日々変化がある」。昨年は、リピーターも多く、日に日に人が増えていったという。「展示とパフォーマンス、両方楽しんでもらえれば。この空間をまずは感じてみてほしい」とも。

 展示時間は11時~18時、料金は500円(初回のみ)。パフォーマンスは20時開演、料金は1,000円。7日まで。8日13時30分からは、石井さんがソロでパフォーマンスを披露し、14時からはクロージングパーティーを行う。問い合わせは企画制作する「DEVIATE長野」(TEL 090-4550-9707)まで。