天気予報

27

19

みん経トピックス

松本のセレクト店が資金募る松本民芸館で「木と漆」展

松本・県の「ファンタスト」8年ぶり販売再開 シフォン・ロールケーキ専門店として

  • 0
松本・県の「ファンタスト」8年ぶり販売再開 シフォン・ロールケーキ専門店として

ショーケースには「スタッフおすすめ」のポップも

写真を拡大 地図を拡大

 松本・県の「ファンタスト洋菓子店」(松本市県1、TEL 0263-33-7545)が1月16日、リニューアルオープンした。

サンドイッチ感覚の「デリシフォン」も

 30年ほど前、洋菓子とパンの製造販売としてオープンした同店。2009年ごろからタルト台の卸販売に専念していたが、ロールケーキとシフォンケーキ専門店として販売を再開した。店内にはテーブル、カウンター合わせて12席のイートインスペースを設け、コーヒー、紅茶、緑茶(以上100円)の提供も行う。

 ショーケースには、常時20種類ほどのケーキが並ぶ。ロールケーキは「生クリームロール」(140円)や「コーヒーロール」(180円)のほか、イチゴが入った「苺(いちご)ロール」(220円)なども。「ロールケーキは30年間、ずっと作り続けている。今回、新たに商品も追加した」と代表社員の浅村忠彦さん。

 シフォンケーキは、プレーン(120円)をはじめ、チョコレートや抹茶、かぼちゃ(以上160円)など素材を生地に練り込んだものや、小豆を挟んだ「きなこあずきシフォン」(180円)も。サンドイッチ感覚で食べられる「デリシフォン」は、バジルとオリーブオイルを練り込み、トマトとクリームチーズを挟んだ「バジルのシフォン」(300円)や「ポテトと粒マスタードのシフォン」(250円)などを用意する。ほかに、「ほうれん草のキッシュ」(1カット=200円、1ホール=1,800円)も。

 昨夏、卸先業者が自社製造を行うことになり、ほかの取引先を探したが難航。浅村さんがスタッフに店頭販売の再開とイートインスペースの設置を持ち掛けると、皆、快諾してくれたという。12月ごろからこれまで作り続けていたものをベースに、新たな味や、タルト台の技術を生かしたキッシュ作りなど試作を重ね、準備を進めてきた。

 同店があるのは、以前「清水銀座」として商店が立ち並んでいた一角。浅村さんの祖父が始めたときは駄菓子が中心だったが、浅村さんが地元や東京で洋菓子とパンの経験を積み、後を継いだ。当時を知っている人は「懐かしい」、近くの高校を卒業した人は「おじさん、元気?」と声を掛けてくるという。「飽きのこない味、買いやすい価格帯にしたかった」と浅村さん。「私たちは『地域の店』。子どもも大人も気軽に立ち寄ってもらえれば」と笑顔を見せる。

 営業時間は9時30分~19時。月2回月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松本・宮渕のアップルランド宮渕店近くに予約制ダイニングバー「Sally’s Party(サリーパーティー)」。店の外にはテラス席も
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング