見る・遊ぶ

松本市美術館でグループ写真展「我風展」 公募含め11人が作品展示

それぞれが自らの空間をつくり出す

それぞれが自らの空間をつくり出す

  • 0

  •  

 松本市美術館(松本市中央4、TEL 0263-39-3400)2階のギャラリーAで現在、グループ写真展「我風展」が開催されている。

「Memory of tree」

 2013年に始まり、3回目となる同展。アマチュアからプロまで、11人が参加する。出展するのは、青木古道さん、アラカワヒロシさん、大平滋子さん、ホンダアヤノさん、岩淵四季さん、中田あきらさんと、初参加となる松下温さん、坂井茉莉さん、永瀬栄一さん、窪田真一さん、有賀文香さん。

[広告]

 ギャラリー内はおのおのが割り当てられた壁面を自由に使って個性的な空間を演出する。被写体は人物、風景、動物などさまざまで、実写やCGアートなどジャンルも表現方法も異なる。永瀬さんは「Memory of tree」と題し、樹木を模して作品を掲示。足元にも野草の写真を敷く。「皆、雑草は踏んでも気にしないが、写真だとちゅうちょする。気にせず歩いてもらえれば」(永瀬さん)。坂井さんは、ネコの写真や花々、まちで目を引くモチーフなどを展示。ひもを渡してクリップで留めるなど工夫を施す。

 大平さんとアラカワさんが中心となり2012年の秋にグループを発足。「定期的に開催し、いずれは公募展に育てていきたい」と活動を続けてきた。今回、初めて公募をして松下さんが参加。「アラカワさんのブログをいつも見ていて、公募が出たので申し込んだ」と松下さん。「それぞれ個性があり、切り口が違って面白い」と話す。

 「20~30代の若手も増えて、多彩な作品が並んだ」と大平さん。各自がどのような展示をするかは、メンバー同士も当日まで分からないという。「『自分を表現できる場』になっていると思う。見る人、見られる人、それぞれが写真文化の発展に結び付くならうれしい」とも。

 開館時間は9時~17時。入場無料。4月19日まで。期間中、メンバーが交代で在廊を予定する。

  • はてなブックマークに追加