3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

松本のアートギャラリーで門田訓和さん個展 「行為を記録」する立体作品

入場の際は、アルコールでの手指消毒やマスクの着用を呼び掛ける。

入場の際は、アルコールでの手指消毒やマスクの着用を呼び掛ける。

  • 23

  •  

 アーティスト・門田訓和さんの個展「Score」が現在、松本・深志のアートギャラリー&カフェ「awai art center(アワイアートセンター)」(松本市深志3)で開催されている。

 写真と立体作品、9点を展示する。紙やひも、鉄などを素材として、重ねるように生み出した作品は、正方形の塊のように見える。色が付いたものは折り紙を使い、切ったり折ったりして制作しているという。店主の茂原奈保子さんは「何かを作るというよりは、素材に施した行為を残すことを表現している」と話す。

[広告]

 作品は、ギャラリースペースだけではなく、カフェスペースにも置く。同ギャラリーから西へ約100メートルの距離にあるスペイン料理「壺屋」をサテライト会場として、通りに面したウインドーに2作品を展示する。

 門田さんは1985(昭和60)年、岐阜県生まれ。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科を卒業後、2012(平成24)年、京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻を修了。現在は東京を拠点に活動している。以前、門田さんが同ギャラリーを訪れたことがきっかけで交流が生まれ、昨年、東京で開催していた展示に茂原さんが足を運んだ。「松本でも、門田さんの作品を紹介したいと思ったのでお願いした」と茂原さん。

 8月16日までは前期、22日からは後期として作品を入れ替える。後期は新作が中心で、会場もギャラリーの2階を使うなど、点数が増える予定。茂原さんは「展示タイトルの『Score』は、記録するという意味。変わっていないように見えるものも変わり続けている。サテライト会場も含め、新旧どちらも楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は12時~18時。営業日は土曜・日曜・祝日(8月29日、30日、9月13日はカフェ営業休み)。入場料は400円(期間中再入場可)。9月22日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home