プレスリリース

日本人主婦がスリランカにお寺を寄贈

リリース発行企業:Sri Lankaローズクォーツマウンテンプロジェクト

情報提供:

2018年7月26日、日本人主婦・木村里恵さん(38歳、長野県在住)を中心とした1,000人を超える日本人が、スリランカのナーマルウヤナ国立公園内に、「J.R.ジャヤワルダナ・メモリアル・ メディテーションセンター」というお寺を寄贈し、オープニングセレモニーが行われました。このお寺は、木村里恵さんが立ち上げた「SriLankaローズクォーツマウンテンプロジェクト」に賛同した1,000人を超える日本人が、1,000万円を超える資金を集め、「1951年サンフランシスコ講和会議で日本を助けてくれたスリランカへの恩返し」として建設されたもの。7月26日に開催されたオープニングセレモニーには、現スリランカ大統領His Exellency Maithripala Sirisena(以下マイトリパーラー・シリセーナ大統領)も出席され、スリランカの全国紙でも報道されました。Sri Lamkaローズクォーツマウンテン プロジェクト【URL http://minnanoie.info/free/srilanka】


内容 1951年戦後のサンフランシスコ講和会議。スリランカの代表のJ.R.ジャヤワルダナ氏(後の2代スリランカ大統領)は、「憎しみは憎しみによって消えず、愛によってのみ消える」と語り、日本に対する被害賠償請求権を放棄し、日本の平和と自由を希求する演説をして下さいました。今の日本の平和を形づくってくれたスリランカにありがとうを伝え、また、この歴史を日本人に広く知ってもらうために、1000人を超える有志の仲間たちと1000年以上前から続くスリランカの聖地にJ.R.ジャヤワルダナ氏を記念した憩いの場所を作りました。



背景 2016年10月。友人との旅行でローズクォーツマウンテンを訪れた木村さんは、この山を30年間命がけで守ってきたVen.wanawasi.Rahula僧侶(以後ラフラ僧侶)と偶然出逢い、「ここにみんなが心を休める場所を作って頂けませんか?」と声を掛けられました。この山の素晴らしさを感じていた彼女は、帰国後プロジェクトを立ち上げ、2017年4月より1000万円を目標に協力金を募り始めました。同年5月25日に半分の500万円が集まり、9月8日に株式会社コロナ内田力会長や1000人を超える日本人により、目標金額が集まりました。同年9月25日スリランカ国会議事堂にて文化大臣立会いのもと、建設費用として600万円を贈呈。2018年1月4日に工事が着工され、残りの協力金で家具やホットシャワーなどを整え、2018年6月23日に完成しました。

その他の取組 2017年5月、9月、2018年3月、6月計4回のスリランカを感じるツアーを企画し、62人の日本人が参加。2017年5月にはラフラ僧侶を日本にお招きし、5回のイベントを行い、計約500人の日本人と交流。2018年6月23日に行われた寄贈式では、日本の協力者37名とスリランカ人約80名が参加。戸隠神社の水野宮司も参加された。2017年5月に起きたスリランカ洪水被害支援活動のため、別に協力金を募り、ラフラ僧侶協力のもと、300人の被災者を支援。支援活動の詳細。https://ameblo.jp/lovenication/entry-12281582477.html

オープニングセレモニーの様子 2018年6月26日マイトリパーラー・シリセーナ大統領、環境大臣Wijeyadasa Rajapakshe、 コロナ株式会社内田力氏、林旅製作所林真市氏、他約400名が参加し、盛大に行われ、このセレモニーにより、ローズクォーツマウンテンのあるナーマルウヤナ国立公園がスリランカ国の正式な自然観 光推進活動対象地に決まりました。



【Sri Lankaローズクォーツマウンテン プロジェクト概要】
プロジェクト企画:みんなの家 Sri Lanka ローズクォーツマウンテン プロジェクト
所在地:長野県長野市上ヶ屋2471−2161 TEL:026-217-3450
代表者:木村里恵 設立:2017年1月 URL:http://minnanoie.info/free/srilanka
事業内容:国と国をつなぎ、ひとつに還る。

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
Sri Lanka ローズクォーツマウンテン プロジェクト事務局
TEL:090-7310-0073(北川 雄士)  e-mail:minnnanoie.1111@gmail.com