天気予報

10

-4

みん経トピックス

塩尻で地域課題解決イベントまつもと演劇工場、公演迫る

「3月9日は松本山賊焼の日」 駅前でPR、飲食店・スーパーなどでイベントも

「3月9日は松本山賊焼の日」 駅前でPR、飲食店・スーパーなどでイベントも

松本駅前でPRする「さんぞくん」

写真を拡大 地図を拡大

 松本商工会議所や松本市内の飲食店などでつくる「松本山賊焼応援団」が3月9日の「松本山賊焼の日」に合わせて、同8日~10日、市内の飲食店やスーパーなどでイベントを開催する。

 期間中は、同応援団として登録する46店舗で山賊焼きを注文・購入すると、ドリンク、デザートのサービスや割引を行う。市内の飲食店のほか、イオン(南松本店、豊科店)、ザ・ビック(白馬店、信濃大町店、信州池田店、穂高店、松本村井店)などのスーパーでも実施。「店内だけではなく、お持ち帰り用もあるので、ランチや夕食などさまざまなかたちで楽しんでもらえれば」と同応援団団長の市東一也さん。

 山賊焼きは昭和20~30年代から地元で親しまれている名物鶏肉料理。鶏のももやむねの一枚肉を、しょうゆだれに漬け込み、かたくり粉をまぶして油で揚げて作る。市内の飲食店で組織する食堂組合青年部のメンバーが中心となって、2012年に同応援団が設立。「松本山賊焼きの日」の制定や、公募で誕生したマスコットキャラクター「さんぞくん」など、PRに力を入れている。

 今月に入り、「アサヒクラフトマンシップブルワリー東京」(東京都墨田区)など都内のアサヒビール直営店4店舗でも試験的に提供。県内外での認知度向上に努める。

 7日朝には、「さんぞくん」も登場し、松本駅前でPRを行った。「松本に来た人には、知ってもらったり、思い出してもらったりしてほしいし、ここから松本の外へ行く人には、『松本山賊焼』を広めてもらえたらうれしい。各店の味を楽しんで」と呼び掛ける。

 参加店舗はホームページで確認できる。問い合わせは同事務局(松本商工会議所内、TEL 0263-32-5345)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松本・中町の「cafe chiiann(チーアン)」で陶芸家・佐々木一樹さんによる「カタチ製作所 おさら市」開催中。佐々木さんの器で提供するメニューも
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング