天気予報

28

21

みん経トピックス

松本と弘前つなぐ謎ツアー松本の雑貨店、移転で蚤の市

松本・駅前大通りにカフェ&バー キムチ専門店から業態変更、長年の夢かなえる

松本・駅前大通りにカフェ&バー キムチ専門店から業態変更、長年の夢かなえる

大型モニターではスポーツ観戦も

写真を拡大 地図を拡大

 松本の駅前大通りに12月23日、カフェ&バー「烈(れつ)」(松本市深志2、TEL 0263-36-8678)がオープンした。

 10年ほどキムチの製造・販売を行っていた「キムチ屋総本店」の工場はそのまま残し、販売していたスペースを改装。カウンターを設置し、椅子などは白を基調にシンプルに仕上げた。席数はカウンター8席。

 メニューは、コーヒー(350円~)のほか、ゆず茶などの韓国健康茶も提供。アルコールは、生ビール(380円)、カクテル、ワインなどを用意する。「キムチ」(350円)や「チャンジャ」(500円)などのつまみも。「まだオープンしたばかりなので、今後様子を見ながら、さらにメニューを充実させたい」と店主の玄正烈さん。

 玄さんは、約20年前に韓国から来日して松本へ。韓国ではホテルやコーヒーショップで勤務した経験を持つ。ホテルではバーテンダーとして働き、資格も取得。「いつかカフェバーを」という思いはずっと持ち続けていたという。出店を決めてから市内のバーを何軒も見て回り、「松本は良いバーが多くて自信を失いかけたが、長年の夢を何とか実現したいと決心した」。

 キムチの工場は現在も稼働。商品は県内の直売所やネットで販売している。「常連だった方は、店構えが変わって驚いているかもしれない。キムチも扱っているので、気軽に声を掛けてほしい」と玄さん。同店の営業時間は、工場や来客の様子を見ながら変更する予定だという。「お客さまがいれば、遅い時間まで店を開けることもある。お客さまの反応を見ながら、この店らしさを出していければ」とも。

 営業時間は11時~21時ごろ。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松本市美術館で松本市出身の彫刻家・飯沼英樹さんの特別展「闘ウ女神タチ」開催中。9月17日に行われた飯沼さん本人による「アーティスト・ギャラリートーク」の様子
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング