天気予報

20

14

みん経トピックス

松本で「パンとマッチ展」松本・キムチ店がカフェに

青森・弘前市相馬地区ミステリーツアー、参加者募集 信大女子学生限定で

青森・弘前市相馬地区ミステリーツアー、参加者募集 信大女子学生限定で

ツアーの打ち合わせの様子

写真を拡大 地図を拡大

 青森県弘前市で2月21日~23日、「青森県弘前市相馬地区ミステリーツアー」が行われる。現在、参加者を募集している。

 同市の「地域おこし協力隊」が、同市相馬地区(旧相馬村)のPRを目的として企画。2泊3日の日程で、地元の食文化や、豪雪地帯での雪遊び、温泉などを楽しみ、津軽弁早押しクイズなど地元の人たちとの交流も行う。「相馬はもともと村だったこともあり、市街地とはまた違った雰囲気で、独特の存在感を持つ魅力あふれる地域」と、地域おこし協力隊の下田翼さん。

 対象は、信州大学在学中の女子大学生で、出身地が県内であること、当日、メディア取材に応じられることが条件。「相馬は、男性は多いが若い女性が少ないので、ぜひ『女子』目線を期待したい」

 昨年、同隊員に就任した下田さんと、米山竜一さんが松本と弘前の共通点に着目。城下町、リンゴ、雪国、アートなど、似ている部分が多いと感じたという。「逆に平均寿命では、長野県は1位で青森県は最下位。相反する部分もあって比較すると面白いと思った」と下田さん。昨秋ごろから企画を立ち上げ、10月には信州大学で学生対象にヒアリングも行った。

 現在、地域の人たちと話し合いながら準備を進めている。「趣旨を理解して協力してくれる、好奇心旺盛な人にぜひ参加してほしい」と呼び掛ける。

 参加は無料(交通費、食費、宿泊費、保険含む)。定員3人で、申し込み多数の場合は抽選。締め切りは1月31日。問い合わせは相馬総合支所(TEL 0172-84-2111、chiikiokoshi-l@city.hirosaki.lg.jp)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

松本・蟻ヶ崎の「実家カフェ」で企画展「実家展」開催中。作品も放出品もどこか懐かしさを感じる
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング